自分でできる防犯対策

防犯対策やイタズラの防止として防犯カメラ・監視カメラの導入を考えている方もいると思います。犯罪抑止のためにも、トラブル無く、適切な運用ができるように、まずは知識を蓄えましょう。

家庭での防犯カメラ設置のオススメ箇所

女性
no.1

玄関

玄関は空き巣対策として最も重要な設置場所といえます。留守の確認にインターホンを利用するケースも有るので、玄関に設置することでカメラに映ることを嫌う人物への抑止につながります。

no.2

窓付近

次にオススメなのが窓付近への設置です。ガラスを割っての侵入や、お風呂の窓枠などを外しての侵入など玄関以外でも侵入可能な箇所は存在しています。冊子や窓付近を監視することは侵入者を威嚇する意味でも重要な場所いえます。

no.3

ベランダ

上層階だとしても安全だとはいえません。そういった油断を狙って侵入してくる人もいるからです。カメラを設置している家は狙われにくくなるため、施錠とカメラで防犯を心がけましょう。

no.4

リビング

来客の多い家庭やお子様の動きのわかる箇所としてリビングも設置にオススメの箇所といえます。侵入者が入ってきた際に撮影できる可能性が高く、犯人を捕まえる証拠を撮影する事ができます。

no.5

駐車場

屋外での盗難のほか、いたずらを防ぐ目的で駐車場へカメラを設置される方もいます。夜間だけではなく、仕事などでの外出時などでも不審者を威嚇する事ができます。

[PR]
監視カメラの設置を任せる
職場のセキュリティを万全に!

知識を蓄え犯罪を未然に防ぐ【防犯カメラ導入に向けての基礎知識】

作業員

私達の生活を守る

小売店や病院、駅など私達の日常には多くの箇所に防犯カメラ・監視カメラが設置されています。事故や事件の記録だけでなく、抑止効果を期待して設置されることもあり、近年では個人宅やマンションなどにも設置され私達の生活にを守るために使われています。

防犯カメラ

設置する際の注意点

プライバシーのことや盗撮など、初めて導入される方が不安に思うことも有ると思います。基本的に防犯を目的として私有地を撮影するのであれば合法とされます。しかし他の家の中やベランダが写り込んだ際など法令違反に問われる可能性があるので、設置箇所などに気をつける必要があります。

導入事例

監視カメラ

不審者対策

近所での空き巣被害が相次いだため導入しました。今のところ不審者が写っている様子はありませんが、抑止効果があったものとして今後も引き続き設置しようと思います。

安心して過ごしてます

うちは近所でも見通しが悪く、いたずらされる事もあったため購入。カメラと一緒にステッカーを貼ってアピールしてる影響か、最近は何もおこらず安心して過ごしています。

いたずら防止

自宅の中ではなく、庭へのいたずら防止として設置しました。しっかりと対応して頂けましたし、効果も出ているようで一安心です。

新機種へ買い替え

以前から使っているものがあまりきれいに映らないため買い替えました。最近のものは機能が増えてどれを選ぶべきか悩みましたが、担当の方に丁寧に説明して頂き満足しています。

丁寧に対応してもらえました

知識がなく不安要素が多かったんですが、スタッフの方が丁寧に対応してくれたので良かったです。設置に関しても迅速に対応してもらえました。

[PR]
監視カメラを設置!
自宅のセキュリティ強化を♪